青空を目指して2

どこまでも続く日々日常。ゲーム・音楽好きのおっさんの半生。日々日常とちょっとだけ思ったことの日記。

別方向からの糖質制限

ちょっと今日は暇だったので、いろいろWEBを漁って読んでいました。そんななかで、一つおもしろいページを見つけました。
http://orthomolecule.jugem.jp/
精神疾患のお医者さんで、薬に頼らず食事療法によって病気を良くして行っている先生のページです。
これが内容を読んで行っているとなかなか驚きです。
ここでも、糖を制限することでの精神疾患の改善の話が多く出てきているのです。
いろんな事がどんどんつながっていきます。確かに自分は一時期鬱病をやったこともあります。ちょっと前から鬱は完治はしてたと思うけど、それとは別にここのところすごく精神状態は快調。良くなる一方です。この辺に理由を見いだせるのかもしれません。
江部先生も溝口先生も、全然別のジャンルのスペシャリストで全く接点など無いはずなのに、人間というものあるべき姿を求めていた結果、同じように結論にたどり着いたのはきっと偶然ではないはずです。
自分自身もコンピュータの仕事をしており、全てのシステムはインアウトで構成されていることを強く理解しています。そうなると、アウトがおかしくなるのはインがおかしいからって言うことは至極まっとうなんですよね。
やはり現代の人間は糖によって何かおかしな方向に進んでいるのかもしれませんね。

読んでて思ったんだが、最近夕方とかに強い眠気を感じるタイミングが結構あるんだよね。
無呼吸は抑えているはずだし、睡眠も足りてると思う。もしかして、血糖の動きに問題が出てるんじゃないかと思う…。