青空を目指して2

どこまでも続く日々日常。ゲーム・音楽好きのおっさんの半生。日々日常とちょっとだけ思ったことの日記。

傷心

最近会社での仕事が結構自立機動型になりつつある。大昔やっていた時のように自分で仕事内容コントロールして、客と直接報連相して、みたいな。そういう仕事を強いられ求められてるな、と感じているし。でもなんだろう。どうもなかなかすっきりしない。一つ一つの言葉のやり取りに勝手にマイナスなニュアンスを付加してすぐ気後れする。あれ?この対応でよかったっけ?この判断って間違ってないかな?ってすぐに誰かに確認をしたくなってしまう。でも実際にはべつにメールでも電話でもチャットでも、みんなそこまで深い意味をのせてやり取りしているわけもなく、自分が勝手にマイナスのニュアンスを付加しているだけなんだよね…。
ちょい前の職場(ブラックで心を病んだところ)で、何をやるにもプロパーにお伺い立てて作業して、さらにあんまり客と直接話さないようにして。全部プロパーと客の顔色見て仕事してて。自分判断で仕事しようとしたらすぐにいちいちいちゃもんが付くような。そんな環境に5~6年いたわけです。5~6年と言ったら小学校が卒業できてしまう年月。さらに言うとその会社との付き合いはもう少し長い。おかげですっかり指示待ち君の出来上がりに至ってしまいました。指示待ちが悪い、っていうけど指示待ちって教育のゆがみでできるもんだよ。
最近やっとそういう呪縛から解き放たれるるあるはずなんだが、心に受けている傷は予想以上に深く自立型行動をするたびにチクチクチクチクと何か心が痛む。結果から見て特にミスをしたり間違いが発生しているわけではなく、十分に期待に応えるだけの仕事はしていると思う。っていうかたぶんこの作業場にやとわれた時の予定の仕事量の3倍以上ぐらいの仕事量をすでに回している。量は全然かまわないんだけどね。なんか自立で仕事すればするほど、このチクチクが少しずつストレスで溜まっていっているように思えて仕方がない。なんかいつかきっと誰かがクレームつけてくるんじゃないか!?なんておびえている。まだまだ心の傷はしっかりと癒えていないようです…。
今になって思うけど、ほんとぬるま湯につかってただ人生を浪費するだけっていうのは確実に心も体も蝕んでいくのね。まぁ正直あのぬるま湯時代に今のような充実する時代がこの先に訪れるなんて予想だにしていっていなかったしな。ほんとぬるま湯につかってそのまま溶けてなくなっていくだけの人生でいいや、って完全に腐りきっていたし。
この心の傷もいつか癒えて本当に自信をもって仕事を回せるような時が来るのだろうか。それより今は続く体の不調が…。それでも今回は薬があったのか、そろそろ峠を越えたのか、今日は少しマシになった感じを受ける。それでも平均体温は37度超えてるが。

金曜朝

今日は結構しっかり寝れた気がする。朝6時前にジグの攻撃を受けて、6時に目覚ましの攻撃を受けて起きる。もう寝れそうもない。起きてジグに餌をあげてコンロを見たら昨日の鍋と水曜の夜のカレーが。ああ、昨日の夜カレー冷蔵庫に入れといてッて言われて忘れて寝たなぁ。とクンクン匂いかいでもよくわからんから、ぐつぐつ煮込んで食べた。全部食ったった。そんな変な味もしないし大丈夫だろう…。鍋は昼にうどんでも入れて食べよう。
仕事は8:30スタート。朝からカレー食べすぎて血糖値が上がって集中力低下、眠気増加。でも午前中の間に仕上げなきゃいけない仕事が…。この期限も自分で決めてるんだよなぁ。なんか自分で自分の首絞めてばっかりだ。いや調子よければ全然余裕の線なんだけどね。でも改めてその予定見て、イラっとしている自分…。めんどくせぇ。とにかくエンジンがかかるまでがめんどくせぇ。乗ってきたらあっちゅーまなんだけどね…。熱も爆上げだろうけどね。

木曜夜

午後からも仕事に没頭すると体温が上がる。37.4ぐらいまで上がる。午後は会議やラナンやらで忙しい。しかも残業を強いられている。会議が終わった後は、そのまとめをしていったん一段落。熱は高い。ただ、会議中は半分は他人のやり取りになるからその間はクールダウンできる。この辺も在宅の良さ。その間にお昼の洗い物やったりゴソゴソできた。まとめ作業も終わって、まだ小一時間残る。どうも自分の仕事のやり方って無意識に時間を意識してやっているのか、大体就業一時間前ぐらいで一段落してしまうことが多いんだよな。で、いつも「うーんあと一時間…。だるいな」ってなってしまう。こうなるからサッサと定時で逃げたくなる。ここから仕事を入れるのが中途半端なんだ。当然一日の仕事量はもう十分やってるし。でもそういうものが見えないんだよね。見える化できない。たとえどれだけコード組んで、資料かいてとインスタンスを大量に起こしても、でも判断に使われるものは全て勤務時間のみ。ある意味こんな簡単で分かりやすい世界はないのに、社会人になって30年近くなってる今でもまだその事実を受け入れられない。っていうか馴染めない。ほんとに何もせずに椅子に座っているのが苦手でしょうがない。ある意味これは障害だな。
一段落した後は音楽をかけて、流し気味にかる~くプログラム。おかげで仕事上がりで37.2ぐらいまで落ち着いた。ヤバイ感覚だよね。37.2みえ、あ、下がってくれたって思うのも。
自分もたいがい体調おかしいのだがここんとこ嫁ちゃんも発熱中。自分にはわからんいろいろあるんだろう。今日とかは朝から晩まで寝てる。女性には女性でいろいろあるんだろうし、自分はまぁ高熱だけど仕事はやってるんだから荒いものやら簡単な料理ぐらいはしてやらなきゃな、って想い。晩御飯にさっと鍋を作って食べる。薬飲んで割と今晩は調子が良い。36.9ぐらいに。そうなるとすぐ調子に。ギター少しひく。ただ体調の問題か、日中の疲れか、やっぱ集中力ゼロ。弾けないね。9時ぐらいにやめてテレビやYouTubeを眺めつつ意識を飛ばす。

木曜朝

3時過ぎに便開放タイムがやってきてしばらくトイレの住人になる。でまた寝付けない。昨日22:30ぐらいに寝たし。でも食欲もないし。酒も飲むような体調でもないし、朝だし。というわけで寝なおそうと頑張るんだけど、目を閉じると仕事のことばかり頭の中で考えててちっとも寝れない。なんかテレビをつけてだらだら声を流しておくとどうもそっちに少し意識が持っていかれるようで寝れることがわかってきた。それでテレビをつけて聞きながらなんとか寝なおす。で、寝なおすとまたいろんな変な夢を見る。
はっと気が付いたら出勤時間に近い。7時過ぎ。でも体調は正直悪くて今日は出勤はやめて在宅にする。相変わらず熱は37度前後をふらふら。仕事は今日も朝から急転直下の忙しさ。わたわたずっとやってる。昼休みに熱計ったら37.5度。薬効いてんのかよ、オイ!?ご飯食べて昼休み一杯寝る。それで37.0度に落ち着く。ほんと大丈夫か、俺。

水曜夜

7月に入った瞬間から急に仕事があわただしくなってきました。今まで結構のほほんとやってたので少しそのギャップに焦りとストレスを感じつつ、仕事中に隙間が無いのはそれはそれで悪くないと思うところもあったりする。相変わらずのワーカーホリック。しかし仕事が終わったとき体温計ったら37.2度…。イマイチすぎる。一週間ぐらい薬飲み続けたのに全然よくなった感がない。ご飯食べて、嫁ちゃんが病院行けというので行ってくる。病院はいつもに輪をかけてガラガラ。ほんと病院が経営難になるって話わかるわ。年寄り極端すぎだな。自分的には待ち時間ほぼ無しで流れてとても楽だが。ただ病院で体温計ったら37.4度。だめじゃん。黄砂、PM2.5アレルギー説も一応唱えてみるが、アレルギー症状はぱっと見見えない、的な話。心音とか脈拍見て、弱ってますねぇ…って。やばいやつじゃん!もうジム行こう!なんて言うてる場合じゃないのか?血を検査します、とたっぷり血を抜かれました。特急で分析に出すとか何とか。ただ結果が聞けるのは個人的都合で早くて土曜午前かな…。
帰ってお風呂入ってメロン食べて寝る。なんかよく夢を見る。