青空を目指して2

どこまでも続く日々日常。ゲーム・音楽好きのおっさんの半生。日々日常とちょっとだけ思ったことの日記。

火曜日

朝6時前にトイレに目が覚める。寝なおそうとしてたらジグが自分で部屋を開けて出てきてちょっかい出してくる。6時半ぐらいまで意地で寝てたが諦めて起きた。餌あげて自分もプロテイン飲む。体中の筋肉痛はまだ継続で、最近プロテイン飲む量減ったなぁと思ったので、飲む量をまた戻す努力。朝目覚めは悪くないんだが、やはりスッキリしない体調。明確に何かあるわけでもないと思うんだけどね。あと最近目の熊がひどい気がする。なんなんだろうね。あー、なんかがっつり休みたい…。

カラオケ

緊急事態宣言も無事(?)終わりを迎え、とりあえず自分の周りは何事もなく平和である。しばらくの間休止されていたカラオケもやっとお店再開だ。7月になったら早速山籠もりしようと思う。家カラでの修行効果が出ていればいいんだが…。家カラでの、声量を抑えたままミックス、高音を出す練習は悪くなかったと思う。楽しみですね。ただこういう楽に、奇麗な音を出すって言うメソッドにやっぱり少し抵抗感がある自分。やっぱり圧を強くかけてハリのあるロック的アプローチが好きなんよね。稲葉氏、ミスチルなどのようなのを奇麗に歌っても全然来るものが無いんだよね。思いっきり前傾姿勢で絞り出すシャウトがいいんだよねー。喉すぐ死ぬけど。
これからはカラオケ産業を応援するという意味で足しげく通い、なんか食べたりしてあげよう。酒は飲まん。
平井堅「ノンフィクション」「1995」あたり、米津玄師「PaleBulue」「ゆめうつつ」あたり覚えていくぞ。「ゆめうつつ」以外は大体覚えてきている。「PaleBulue」はまだ配信されてないのでカラオケはしてないけど、ヘビーローテーションで聞いている。「ゆめうつつ」は今日初めて聞く。相変わらずとっつき悪い。米津玄師らしい細かく動き回る難しい曲だ。ただ流石に米津節って言うのはかなり頭の中でモデリングされてきているので、理解はできる。ただ記憶がなかなかw
ほんと最近最新の曲をよく聞くようになったなぁ。まぁ当然好き嫌いはあるので全部聞けるようなことは無いけど。でも一時期からしたらすごい聞いている。大体自分らのようなアラフォー越えした人間の多くは、もう最近の新曲はわからん、っていう人が圧倒的に多くなる中、なんか優越感である。まだ若いもんには負けんぞ!とかね。ああ、恥ずかしい。自分らの同年代は一周して、子供が効いているから覚えたって人も良く聞くけどね。

日曜日

6時半起き。やっとペースが戻ってきたか。なんだかんだで仕事関連のミス(?)をどうしても引きずっちゃうねぇ。まぁ起きてる時間の1/3ぐらいを仕事にさいてるわけだからしょうがないな。ただその場にしがみついているだけみたいな生き方なら楽だったんだろうが。まぁそんなことしてたら今の生活は無かったんだろうししょうがないけど。
朝から激辛ラーメンを作って食べる。ちゃんと野菜たっぷりにして。この前食べた焼きそばのラーメン版。

これは辛かったわ…。やっぱり熱い汁って言うのは苦手だな。ストレートな唐辛子のさすような辛みで、舌が痛みでやられてしまう。味のコクもあんまり感じなかったし。汁飲むのは少しきつい感じだったので、バターひとかけ入れて飲んだ。食事直後ちょっと胃が痛かった。おかげでそのあと乳製品けいいろいろ食うことになる。
しばらくしたら痛み引いて、疲れたのか昼前まで寝てしまった。午後から嫁ちゃんと一緒に車であてもなく出かける。ドラクエ少し進めたいのと家から出たかった感じで。結局宇治の222へ久しぶりに行ってみた。しかし相変わらず駐車枠が少なくて厳しいな。満車でウザいのですぐ諦めて近所の平和堂へ。そこから城陽の方へ抜けて山科へ。最後マツヤで買い物して帰った。
夜はおいしい和牛で焼き肉。酒は飲まず。でも米食った。ウマイ。
なんか心身ともにばて気味だな。

土曜日

朝5時前に起きてしまう。寝なおしできず。まぁいいかと色々家事をしたり。午前中に散歩に出ようとしたら外大雨。
夕方ぐらいから買い物に出かける。ケンタッキーの創業記念パック買う。なんか出るぐらいから胃が張って気持ちが悪い。帰ってしばらくばてて寝てた。そのあとは俺氏と飲んでる。ケンタッキー食いながら。ケンタッキーって店によって明らかに出てくるものに差があるよなぁ…。さらにこういう安いパックの時にあからさまに普段頼む時とは違うもの出してくる店もあるよなぁ。今日は伏見カナートで初めて買ったんだが、なんかかなり色々残念感のあるパックだった。別タイミングで食べた嫁ちゃんも同じ感想だったから、もうこの店で買うことは無いかな。創業記念パック言うて割り引くのはいいけど、その分身も小さめ、油少な目みたいな仕様で出されると萎える。
久々にアイラモルトボウモア12」を飲んだらうまかった。