青空を目指して2

どこまでも続く日々日常。ゲーム・音楽好きのおっさんの半生。日々日常とちょっとだけ思ったことの日記。

5/12

今日の午前中も特に何もなし。朝食後に少しだけ裸足で歩く練習を一本杖で。これは結構怖い。一本杖歩きはほぼ杖無し歩き状態でそれを杖で転倒防止をしようとしているイメージとなる4本杖とかはガッツリ杖に体重を乗せるので三足歩行をしている感じになるこれは楽に歩けるある意味補助輪の付いた自転車のようなものだ。一点杖でするする歩いて足の負担が減ればほんとの意味で歩きの練習になる。ヤダこの時は体や左足に緊張が発生してしまい左足の指先にギューッと握りこみが発生してしまう。さらに左足の緊張が強いので膝が膝の動きが悪くなる。
かたまひにおいてこのきんちょうというのがほんといろんなうんどうどうさを阻害して困る。緊張するとギューッと握りこむ方向に筋肉が強く動いてしまって本来動かしたい方向の動作がs疎外されてしまう。これを慣れやいろんな動作をおこおなうことで緊張を発生させないことが大事となる
足とかならきっちり足が地面を捕まえ接地状態になることで緊張が緩む足がどこにも設置していない状態が緊張を生み出す。ゆえに段差を降りるときは足の滞空時間が長くなり緊張が強まり大変だ…。